スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“疑惑の審判”米・メキシコ戦でまた誤審…

 三回、メキシコの先頭打者・バレンズエラの右翼への大飛球は、右翼ポールの高さ3メートルの位置に当たり、右翼へ跳ね返った。
ルール上は本塁打だが、この日、一塁塁審を務めていたデービッドソンが、本塁打のコールをせずインプレーに。二塁打になった。
 メキシコベンチの抗議に対し、審判団が協議したが覆らず。
さらに、メキシコベンチは、ボールについたポールの跡を示して再度抗議したが、判定は覆らなかった。
 球場内の各所に設置されたテレビモニターでも右翼ポールに当たるシーンが何度もリプレーされたため、観客席は騒然。球場のプレスルームでも、各国の記者が「野球のルールが変わったのか」と大会本部に確認に走るほどだった。…そうな。

それでも負ける米国って一体?

でもこの試合で、デービットソン審判は、二回の米国の攻撃でも、無死一塁から左飛で飛び出した一塁走者の帰塁が遅かったにもかかわらず、セーフの判定をしていたらしい。

やるなぁ、デービットソン、愛国心たっぷりだね。

打球がポールに当たったら2塁打ですか…
タッチアップのルールも変わっていたようで…

ホントに、いつ野球のルールが変わったの?

そういうの、大会が始まる前に言ってくれないと…
アメリカだけで勝手にルール変更を決めてそれを参加国に周知せずに国際大会開くなんて…

困っちゃうなぁ(苦笑)

でも、こんなんでは野球というスポーツに魅力を感じる人が減るのは、仕方ない。

やっぱり五輪競技からの除外も正解といわざる得ない。

まあ、何にせよ。準決勝の韓国戦。
日本は三度も同じ相手に連続で負けるわけにいかんでしょ。
最後の最後、意地みせておくれ!

ほいで優勝だら!!

ランキングに参加しています。1日1回応援クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テル坊主

Author:テル坊主
テル坊主は東海地方に住んでます。

職はIT、WEB関係、システム構築からコンサルティングまでマルチプレイヤーでやらせてもらってます。

何でも気軽に聞いてみて。
何かしら帰ってきますから、目指せ雑学王!!


管理者ページ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告

カテゴリー
月別アーカイブ
記事リスト
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お友達
ランキングサイト

ランキングに参加してます。


ネットショップ
    Yahoo!ショッピング

    楽天市場

    アマゾン

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。